シェフに独立されて店名から名前を消した、レ・サリーネ

飲食店の入れ替わりが激しい西麻布。通るたびに店が変わっている所もありますが、この場所も以前は麺類の店ではなかったでしょうか、「リストランテ・ダ・サリーネ」。去年の夏頃、ニーノ氏(正式にはアントニーノ氏)をシェフに迎えてオープンしたシチリア料理専門店であります。当初の正式名称はシェフの名前を入れた「レ・サリーネ・ダ・ニーノ」でした。シチリア料理に絞ったコンセプトが良かったのか、イタリアン激戦区の西…

続きを読む

グラナダを抜けて迷走してしまった鵜野シェフ、ラ・ボスケッタ

楽天の三木谷夫人の実弟が営んでいると言われている(株)グラナダ。「イゾラ」というピッツェリアのチェーン展開で当たり、今ではフレンチ、イタリアン、スパニッシュ、上海料理、居酒屋、蕎麦屋など40店舗に迫る多店舗展開会社になりました。楽天の色を隠してのこの急成長には驚きです。そのグループ内のイタリアン「キオラ」の総料理長だった鵜野氏がガラス食器販売会社とはじめたのがこの白金のイタリアン「ラ・ボスケッタ…

続きを読む

ヨイショライター達はやはり当てにならなかった、ペルゴラ

レストランジャーナリストと自称している犬養裕美子氏の著書「東京ハッピー・レストラン」で見事四葉のクローバー(4段階評価の最高点)を獲得した「イル・リストランテ・ネッラ・ペルゴラ」。あの自称「美食の王様」実態は「過食のオコチャマ」の来栖けい氏もロンバルディア料理専門と絶賛していました。ドアはチープ感がありますが、中庭が見えるホールは6卓の割に広く雰囲気はまずまず。料理はプリフィクスで7000円一本…

続きを読む